魂の欠片の使い道~限界突破・真理開眼・錬成~

03初心者向け

結論:
レアなキャラは顔で限界突破しちゃダメ

タガタメキャラの入手、育成にあたって素材を割り振る際の前提条件。
○○の欠片を使用する前に理解しておいて欲しいところ。

①はじめに

長く続いたこともあって育成要素が複雑になったタガタメ。
何故か公式の説明は時を止めているので、プレイヤー目線で最も重要な
魂の欠片」に絞って解説。
他のものはともかく、ここはお課金やらなんやらに直結しかねないので正確に理解しよう。
このブログがダメそうなら他のサイトを漁るなりTwitterで私に聞くなりして、しっかりわかってから動こう。

雑な分け方で
旧キャラとはエンメルよりも前に実装されたキャラ
新キャラとはエンメル以降に実装されたキャラ
を指すものとする…が、キャラのレア度の詳しい見分け方については別の記事を参照されたし。

キャラのレア度の見分け方
結論:「限定」って何!?!?タガタメキャラの「レア度」について。限定と限定が同じレア度なわけないだろ!は???はじめにタガタメのキャラのレア度は★の数では測れない。じゃあ限定一覧でも見れば良いのか?否、限定かどうか...
大まかな実装順は
ギャラリー→アイテム→
魂の欠片→レアリティソート
で確認できる。

なお当記事は推しキャラ全力な方や、自分で判断の出来るプロケミストではなく、
初心者向けなので悪しからず。

②共通欠片

前述の通り「火の魂の欠片」「虹の魂の欠片」などの
あらゆるキャラの」「限界突破に」使える素材。
これは「高難易度クエストをクリアして5個とか10個もらえる」程度のレアアイテム。
ウィークリーミッションなどで入手数は増えているが、それでも考えなしに使えるものではなく、
使用先は十分に吟味する必要があることは覚えておこう。

右のバーでどの欠片を使うか選択できる

イベントで欠片を集めることが出来て最後まで強化できる配布キャラに使うより、
欠片一つ入手するのにも苦労する限定キャラに使った方がお得…というお話。

限界突破の先の強化、「真理開眼」には使用できないので注意。

③真理開眼

限界突破の更に先の強化。
二周年で実装された旧キャラテコ入れ用(だった)システム。
現在は高難度クエストも新キャラも開眼まで含めてデザインされている。
フル開眼が必須なんてことは決してないが、ほとんどのキャラのレベル85は育成途中

限界突破の先と言っても
初心者に無関係ではなく
むしろ素材の限られる初心者こそ見据えて動くべき要素。

限界突破にも魂の欠片を使うが、こちらには
共通素材がない
火や虹の欠片は限界突破には使えない
開眼でキャラ欠片が必要になるから、レアなキャラは限界突破を共通素材に任せてキャラ欠片を温存する必要があるのだ。

※なおコラボキャラについてはコラボの真理開眼なら誰にでも使える
「異界の欠片」
が存在する。
が、もちろん火の欠片などと同等かそれ以上に貴重なアイテム。

④キャラ錬成

極一部を除いて、キャラの欠片を一定数集めるとキャラを錬成…
つまり、ガチャから引かずに入手できる
タガタメの「天井」とは基本的にこの錬成システムのことである。

あくまでも一般論として言うと
前述の開眼にキャラ欠片を使用するので、可能ならば欠片を温存するために錬成は避けたい

未所持キャラ画面、通称「遺影」
ラッカの場合は
メラがこの状態で長い

しかし最近(2020年4月頃)の新キャラの売り方は明らかに
最初から錬成を狙った方が楽になっている。

実装したてほやほやな最新キャラを狙うならまずガチャで引き当てることを諦めて錬成から考え
それ以外は錬成はしない
基本的にはこの考え方でいこう。

⑤必要数

欠片のそれぞれの必要数について。
ここが膨大な数なので、十分に理解して動く必要があるのだ。

  • 限界突破
    共通欠片orキャラ欠片375
    5個×5凸、10個×5凸、15個×5凸、20個×5凸、25個×5凸
    滅多なことがない限り25凸するので必要数は
    合計の375。

    旧キャラは375個全てをキャラ欠片で行い、
    新キャラは375個全てを共通欠片で行うものと思っておこう。
  • 真理開眼
    キャラ欠片のみ最大570
    各扉のレベル1~4は共通で
    5、10、15、20

    各扉のレベル5は
    嫉妬30
    怠惰50
    色欲40
    暴食40
    憤怒50
    強欲60
    合計すると最大で570

    とはいえ全扉5にしないと使えないキャラなど存在しない。
    開眼の優先度はキャラによって違うが、
    嫉妬から憤怒までをレベル2にして強欲をレベル4にする形
    222224=125個をベースとして

    旧キャラは嫉妬怠惰憤怒をレベル5にする
    552254=360個

    新キャラは怠惰か憤怒のどちらかを開ける
    252224or222254=210個

    この二つを目安にすると良い。
  • 錬成
    星の数によって必要な数は違うが、星4以下を錬成する機会はまずないので
    星5錬成=150個
    を前提とする。

    ガチャの被りは魂の欠片25個で、錬成に必要な欠片は150個。
    つまり錬成した翌日に無料ガチャからポロっとしたら
    キャラ欠片125個分を損するということ。

    旧キャラの場合
    885個集まったら錬成してOK
    錬成+限界突破+真理開眼552254
    が可能なので入手から一気に最前線に送り出せる。

    新キャラの場合
    最新キャラは錬成した方がお得な売り方なので、
    日付と回数が限定されている「魂の欠片獲得クエスト」が開かれている最新キャラは即錬成。

    逆に新キャラであっても「魂の欠片獲得クエスト」が既に終わっている場合は
    絶対に錬成してはいけない

欠片の使い道と必要数を把握して過不足なく使えるように動こう。

⑥開眼補足

開眼優先度やベースにした形について、その根拠。
キャラ毎に優先度が違うとはいえ開眼は扉ごとに特性が決まっており、大まかなおすすめは同じ。

  • 各扉のレベル5
    レベル4までよりも多くの魂の欠片と「免罪符」「贖角」「虚泡」などの貴重なアイテムを消費する。
    考えなしにポンポン開けていると素材がなくなるので、レベル4までならともかく
    レベル5まで扉を開けるキャラはある程度絞る必要がある
  • 嫉妬
    HP物攻魔攻などの主要ステータスが上がるキャラ、もしくはHPだけのキャラのどちらか。
    アンブロシア以降に実装されたキャラは大体後者。
    特に旧キャラはステータスが足りない者が多いので優先度が高い
  • 怠惰
    サポートアビリティを一つ専用のものに強化する。
    必須からゴミまでピンキリだが
    多くのキャラで最重要。
  • 色欲
    リーダースキルを強化する。
    リーダーに置かなきゃいけない、どうせ念装LSの方が強い、どうせ新キャラLSの方が強い、そもそも強化後でもしょぼいなど、たまに劣化するなどの理由で
    基本的には一番要らない
    扉自体のステータスで回避が上がるのでレンやニグルなどの回避型のキャラは5にしたい…でも後回しで良い。
    極まれに化け物が潜む。
  • 暴食
    物攻魔攻などが上がる、もしくはHPが上がる。
    アンブロシア以降の実装は大体後者。
    嫉妬の親戚みたいな奴。
    基本的には二番目に要らない
    大罪特効?狙って使えるもんじゃないから忘れろ。
  • 憤怒
    各ジョブのスキルを一つずつ、計3つ(極まれに4つ)を強化する。
    必須からゴミまでピンキリ
    怠惰の親戚。
    多くのキャラで2番目に重要。
  • 強欲
    レベル5でサブ念装装備枠が解放されるが、
    そんなのはどうでも良くてHPが上がる
    とにかくものすごくHPが上がる。
    多少の語弊はあるが、他の扉のレベル5よりも強欲のレベル4の方が重要。
    なにより免罪符が要らない。
    レベル5のサブ装備枠に関しては初心者は忘れて良い。

⑦終わりに

公式が説明してくれ

ここは欠片の使い道や必要な数についてのページ。
初心者が何気なく限界突破でミスる前に抑えておきたいところ。
なお、後の育成がすごく辛くなるだけで別に取り返しのつかない詰み要素ではないので、やっちゃった人も諦めずに頑張ろう。
とりあえず公式が罠にかけてくるこの姿勢どうにかならないかなぁ…

今回のまとめ
共通欠片はとっても貴重
最新キャラは錬成
このキャラどうすれば良いの?はの記事参照

キャラのレア度の見分け方
結論:「限定」って何!?!?タガタメキャラの「レア度」について。限定と限定が同じレア度なわけないだろ!は???はじめにタガタメのキャラのレア度は★の数では測れない。じゃあ限定一覧でも見れば良いのか?否、限定かどうかを見てもわからない。・キャ

コメント

タイトルとURLをコピーしました